top of page
  • 大橋梓

銀河食堂の夜



『銀河食堂の夜』さだまさしさん著


短編集なんですが、


1話で完結はしつつ、


次のお話と出てくる内容が少しずつリンクしていって、


最後は丸く繋がり、おぉっ、なるほどー!とため息。


恋愛や夫婦のお話もいくつか出てきますが、


それがまぁみんなうまくいかなくてね。


切なかった。


でも完全に救いが無い訳でもなく、


幸せな時間も確かにあり。


添い遂げることだけが幸せではないんだなぁと、思ったり。


今まで恋についてじっくり考えさせられたのは、


大学生の時に江國香織さんの『冷静と情熱のあいだ』を読んだ時と、


高校生の時、劇団四季の『アイーダ』を観てボロボロ泣いた時、


その2回でしたが、


その時と同じくらいグッときました。


そういえば、アイーダを観た帰り、涙で京都劇場のあの長い階段を踏み外しそうになったんですよね。


劇場で泣くのは良いとして、劇場を出てもうJR京都駅で泣いていたら、


「さすがにあかん」と思って必死に泣き止みましたけれど。


恋は人生を変えますね。


最新記事

すべて表示

根曳きの門松

ご近所を歩いていたら、門の左右にヒョロヒョローっと根っこの付いた松を飾っているお家がありました。 お正月飾りなんだろうけど、何だろう?? そのお家、しめ飾りは玄関の真ん中に立派なものがある、左右にってことは門松のような役割なのかな。 次に通ったのはお花屋さんの前。 お正月飾りが並ぶ中、ここにもありました、 根っこ付きの松が。 『根曳きの松』と書いて。 あ、これやーん。 門松の原型と言っていいのかな

留言


bottom of page