top of page
  • 大橋梓

殺し屋、やってます


『殺し屋、やってます』

石持浅海さん著


題名の通り、まさに主人公が殺し屋をやっています。


ミステリーは読了後、ズンと気持ちが重くなりますが、


でも今回は軽やかなまま、ちょっと拍子抜け!(良い意味で)


主人公は殺し屋なのに、探偵的な行動をして、謎解きするので、


それが新鮮でした。


爽快感さえ感じます。


最後は殺し屋を全うするので、そこは怖いですが。


多分、この人、将棋をさせたら絶対強い。


私は、最近の将棋ブームをきっかけに、


大人になってからルールを知りまして、


相手に取らせておいて、自分が取る、っていうのは、頭めちゃくちゃ使いますね。


飛車とか角はすぐ取られるし、、、きぃ!となります。

(アプリ相手ですよ笑)


『情熱大陸』で棋士の羽生さんが、


相手の手が読めた時に震えたり、咳き込んだりしているのを観たことがありますが、


何十手も先を読めたら、見えたら、そりゃ震えますね。


本は続編も出ているようなので、近々買います^_^

最新記事

すべて表示

根曳きの門松

ご近所を歩いていたら、門の左右にヒョロヒョローっと根っこの付いた松を飾っているお家がありました。 お正月飾りなんだろうけど、何だろう?? そのお家、しめ飾りは玄関の真ん中に立派なものがある、左右にってことは門松のような役割なのかな。 次に通ったのはお花屋さんの前。 お正月飾りが並ぶ中、ここにもありました、 根っこ付きの松が。 『根曳きの松』と書いて。 あ、これやーん。 門松の原型と言っていいのかな

Commentaires


bottom of page