top of page
  • 大橋梓

常設展示室



『○○展』とか銘打った大きな美術展へ行くと(企画展とか特別展っていうのかな?)、そのチケットで美術館が所蔵するコレクションも観させてもらえますが(常設展示)、特別展と比べるとひっそりとしていることが多いですよね。


展示替えはされていても、前回訪れた時と同じ絵に出会えることも多いので、「あ、この間の!」と、割とリラックスした気持ちで常設展には足を踏み入れます。

(特別展は、ちょっとミーハー気分もあってドキドキしながら観るのですが)

有名な日本画家の名前は、常設展示でよく観て、そこから知り、学ぶようになりました。


そんな常設展示をテーマにした『常設展示室』(原田マハさん著)を読んで、「あぁ、美術館へ出かけたいなぁ」としみじみと思いを馳せています。





短編集で、それぞれピカソ、フェルメール、ラファエロ、ゴッホ、マティス、東山魁夷の絵画がキーとなる物語が続きますが、1編目のピカソに向かい合う『群青Color Of Life』を読んだ時点でもう目がウルウル、鼻はズルズル。


絵画に向き合う子どもの純粋さ、情熱に触れたヒロインの美青(みさお)さんがまた素敵で。こんな風にまっすぐな大人で居たいなぁ、なんて。


お芝居をしていると、プロはどんな状況でも70点80点をコンスタントに出すもの、と言われることもあれば、オーディションでは空振りでもいいからフルスイングしてこい!と言われたり、出来る人は何でもできるといわれることもあれば、器用貧乏でなく突出した何かを、と言われたり、未だに自分の在り方が分からなくなったりもするんですが、私は一生懸命に楽しみ苦しみ続ける、が一番だと結局そこに戻ってきます。試行錯誤ですが。


写真は、絵と額縁が素敵だったカフェで^^




最新記事

すべて表示

根曳きの門松

ご近所を歩いていたら、門の左右にヒョロヒョローっと根っこの付いた松を飾っているお家がありました。 お正月飾りなんだろうけど、何だろう?? そのお家、しめ飾りは玄関の真ん中に立派なものがある、左右にってことは門松のような役割なのかな。 次に通ったのはお花屋さんの前。 お正月飾りが並ぶ中、ここにもありました、 根っこ付きの松が。 『根曳きの松』と書いて。 あ、これやーん。 門松の原型と言っていいのかな

1 Comment


mc68451
Jan 23, 2022

タコツボです。

原田マハさん、NHK「あさイチ」にご出演でしたね。

女性の方に人気があるのでしょうか。

ある都内の写真ギャラリーの店長さんもお好きなようでした。

原田さん学芸員でいらっしゃるそうですね。

古い人間なせいかどうも「キュレーター」という言葉には馴染めません。


絵の知識はありませんが、何かの折に話を聞くことはあります。

フェルメールの青は鉱石のラピスラズリを使ったため入手に莫大な借金を抱えたとかそういった話です。

きちんと観たいとは思うのですが感染症のご時世で難しいですね。

Like
bottom of page